BLANK POP!!!!

好きな音楽や本について好きなように語ります。たまに街歩き日記なんかも。

Billie Eilish「bad guy」に中毒性がある理由

         スポンサードリンク

 

あなたはこの曲を聴いたことがありますか?

きっともう既に、虜になってるはず。

 

 

Billie Eilish / 「bad guy」

 

いつの間にか知っていた

ある日わたしは、いつものようにブルーハムハムちゃんを眺めた。

ただただアニメーションが可愛い。

なんだか音楽もステキ。

この時はそれぐらいの感覚だった。

 

それが、2019年の秋頃になってそこら中で聴くようになった。

この「bad guy」を歌うアーティストのビリーアイリッシュさんは、とんでもなく売れっ子らしい。

世界中で音楽の賞もい受賞しているとか。

 

その波はやっぱりyoutube界にも押し寄せる。

TikTokでも流行ったのか。

最近は、歌ってみたとか踊ってみたとかいっぱいあるもんね。

そういえば、わたしが大好きなユーチューバーのセカンドストリートも踊ってた。

 

そして最近では、テレビドラマでも使われていた。

日曜ドラマ「シロでもクロでもない世界でパンダは笑う」だ。

ずるい。

とってもずるいよ。

bad guyが流れるだけで、ドラマの宣伝CMを何回も再生したくなっちゃう。

 

中毒性の理由とは

これはあくまでも、わたしなりに感じる中毒性の理由です。

曲のテンポ

BPMを計ってみました。

bad guyのテンポはBPM=135。

音楽用語の速度記号ではAllegro(アレグロ)にあたります。

早足で歩く速度でしょうか。

踊ってみたとかダイエットダンスが行われているように、心拍を上げて動くにはよい速度。

まさに、ノリやすい。

MV中にも、ビリーアイリッシュ自身曲に合わせて飛び跳ねていました。

跳ねてノルにはとっても心地よい速さ。

 

跳ねるリズムとシンプルなサウンド

ダンスサウンドでよくあるように、バスドラで一定の表リズムを刻みながら、ハットで裏を取る。

そして、半ばで行われるハンドクラップ。

面白い程に聴いているこちらの気持ちが跳ねだす。

また、いたってサウンドはシンプル。

大きなホールやだだっ広い屋外で聴くのも最高だろうけど、部屋で一人ひっそりと聴くにもいいシンプルさだと思う。

どんな気分にも合う軽やかさ、だろうか。

 

テクノとかEDMとかも踊るにはとっても楽しい。

だけど、気分が上がってないと心がついていかない。

それなのに、このbad guyは落ち着いた時や落ち込んだ時でも心がうまくノレる。

不思議だわ。

 

不穏さと不安定さ

シンプルなんだけど、醸し出す旋律はダークで危うい雰囲気だ。

また、MVでもフラストレーションが爆発するような若さがある。

すぐには理解できないような、分かり合えないような、そんな不安定さがさらに魅力を引き立てる。

ビリーアイリッシュの色っぽい声もまたいい。

歌うというよりは、呟くように吐き出す言葉。

冷静にクールに声を出すのに、抑えられない感情がのっている。

うーん、たまらない。 

 

歌詞の意味や日本語訳

楽曲だけでここまでの魅力があるのに、驚くのはその歌詞だった。

MEET ME SATURDAYがいい感じの日本語訳で歌ってる。

歌詞の意味を理解すると、想像力がすごいと思う。

さらに、ビリーアイリッシュがどんな人間なのかもっと気になる。

白のシャツが血で 染まっていくゆっくりと

貴方は逃げてく 罪な人ね

膝のアザは 貴方のためにあるの 

好きにさせて欲しい

本心?違うの

 たくましくて 暴力的で 

満たされなくて 胸張っていて 

でもお互い様だって 貴方の人生めちゃくちゃにして

I’m the bad guy 

知らぬ間に支配されてる毎日

貴方のペットになってしまうの

ママがこの歌を知ってしまったら

私のボーイフレンドに同情しちゃうの

 たくましくて 暴力的で 

満たされなくて 胸張っていて 

でもお互い様だって 貴方の人生めちゃくちゃにして

I’m the bad guy 

 

もっともっと欲しい

もう何度リピートしてるか分からない。

それでも、まだまだ聴いていたい。

この曲を好きになるほどに、彼女自身をもっと欲する。

きっとわたしは、今以上にビリーアイリッシュの沼にハマっていく。

沼に落ちていくというよりは、頭上から彼女に食べられていく感じだろうか。

それもいい。

もっとまみれたい。